電子消費者契約法違反の不当請求は無効。無視が一番

一人前の男子であれば、アダルトサイトや出会い系サイトを見たことや登録した経験があるのは当たり前。そこで使用したメールアドレスに不当なメールが届いたこともあるでしょう。これらのメールは絶対に開かず無視をしましょう。

メールに記載されているリンク先をクリックしてしまうと、有料ページが開いてしまい、不当な請求が発生してしまうこともあるからです。その後のメールはとてもしつこく、何度も同じ内容のメールが来て、払わないでいると文章も乱暴になり、恫喝してくるような内容が書いてあり、家まで押し掛けるといった脅しまでしてきます。

そんな内容に動揺してしまい、「不安だから・・」と本当に払ってしまう人も少なくありません。
しかし、それらは払う必要など一切ないのです。平成12年に施行された電子消費者契約法によると、サイト利用者が意思にない請求や登録などを行ってしまった場合に、それを防止するような適切な処置をサイト事業者が行っていないと、請求や申し込みを無効に出来るのです。身に覚えのないメールが来てしまったら請求には応じず、無視をしてしまうのが一番良いでしょう。

一度支払ってしまったら、この人は簡単に払ってくれると思われてしまい、何度も請求されてしまうこともあります。
臆せず冷静に対処してください。
回収業者が家に押し掛けてくることなんて間違いなくありません。それでも不安なことがあれば消費生活センターに相談してみるのもよいことです。

出会うまでに時間をかけたくない人にピッタリのサイト見つけました 【出会い系 六厘車】